CHRIS’S ROOM
2017.04.22
LARS JANSSON TRIO “More Human” CD Release Tour at Mister Kelly’s (March 30, 2017)
Veteran Swedish pianist and composer Lars Jansson is a well-known commodity amongst jazz circles in Japan. His love of nature and Japanese culture – especially Zen Buddhism – combined with his innate Scandinavian sensibilities speaks honestly and openly through his music to Japanese people.

With a new CD - in which Jansson revisits his previous recorded compositions - in hand, Jansson and his regular trio of recent years gave a superb performance that was both elegant and dynamic. From the naturally flowing I AM THAT to the driving ahead force of CONFIRMATION, the trio showed its dexterity at any dynamic and tempo.

Helping Jansson was the steady bass line of Thomas Fonnesbaek, whose unison playing with the piano was fantastically right-on. And drummer Paul Svenberg gave each composition a peace-of-mind steadiness while adding just the right amount of embellishments. Each note by all three musicians was well-placed, and thus clearly audible to the audience.

See highlights of both the performance and an interview with Lars Jansson in Volume 6 of the website’s main contents.

Lars Jansson (p), Thomas Fonnesbaek (b), Paul Svanberg (ds)

SET LIST
1. A Beautiful Smile
2. The Inner Room
3. Mobility & Ready
4. Confirmation (Charlie Parker)
5. I Am That
6. Hilda Smiles
7. Le Forte Latour
ラッシュ・ヤンソン・トリオ「More Human」発売記念ツアー (ミスターケリーズに於いて:2017年3月30日)
ベテラン・ピアノ奏者兼作曲家ラッシュ・ヤンソンは日本のジャズ界で高い人気を誇る。自然と禅を含む日本の文化の興味と生まれながらの北欧特有の感性を融合させた音楽は日本の心へ正直かつ直接伝わる。 過去に録音された曲を再録音した新作を引き下げたヤンソンは、この数年共演しているレギュラートリオのメンバーと豪華な力強い演奏を開催した。自然に流れる I Am That から全力で邁進する Confirmation まで、色々な音量やテンポでの器用さを聴かせた。 サポートには、トーマス・フォネスベックの安定したベースもあり、ピアノとのユニゾン演奏はぴったり合っていた。また、ポール・スヴァンバーグのドラムスは適切な装飾音を依荒れながら、全般的に安心できるリズムを刻んでいた。3人とも観衆がはっきり聞こえるよく考えた演奏を披露された。 この演奏のハイライト並びラッシュ・ヤンソンへのインタビューをこのサイトのメイン動画第6弾でご覧になれます。 ラッシュ・ヤンソン (p)、トーマス・フォネスベック (b)、ポール・スヴァンバーグ (ds) セットリスト 1. ア・ビューティフル・スマイル 2. ザ・インナー・ルーム 3. モビリティ&レディー 4. コンファメーション(チャーリー・パーカー) 5. アイ・アム・ザット 6. ヒルダ・スマイルズ 7. レ・フォルテ・ラトゥール
What's New
Archive
▲ PAGE TOP