CHRIS’S ROOM
2017.04.22
LEE RITENOUR & JAPANESE FRIENDS at Billboard Live OSAKA (March 8, 2017)
A popular guitarist amongst jazz fans in Japan, Lee Ritenour played two nights in early March at Billboard Live OSAKA. A regular collaborator and producer for Japanese musicians who’ve recorded in the United States, Ritenour performed with a band comprised of musicians from both Japan and the US (or those currently working in the US). The core band included Japanese master technician drummer Akira Jimbo. And each night he had a special guest. The night JazzOSAKA videotaped, the guest was fusion sax player Masato Honda.

The core quartet started off the set with Ritenour favorite THE VILLAGE. It’s flowing, laid back West Coast jazz groove set the tone for the evening. Lee’s playing was powerful, and the band’s powerful beat just rolled along like a fine-tuned engine. Next was WALTZ FOR CARMEN, a track from Ritenour’s most recent CD “A Twist of Rit.” It was followed by Wes Bound, which combines Ritenour’s contemporary jazz guitar and Wes Montgomery’s timeless thumb-picking style much like a fine-tasting scotch and water. The quartet then played an Akira Jimbo original JIMBOMBA.

After special guest Honda joined the musicians on stage, the band ripped into Honda’s signature song ORANGE with Honda giving a strong and powerful presentation. Following JUST LISTEN, Honda switched to flute for the laidback bossa-nova standard WATER TO DRINK, during which Jimbo gave a riveting solo that showed how deft a technician he really is. The band then switched into high gear for the set closer RIO FUNK, which featured a funky solo from Melvin Davis. As an encore, the musicians played the Ritenour classic CAPTAIN CARIBE, which included a rockin’ alto sax solo from Honda. The evening proved the high musical sensibilities of Lee Ritenour and showed the universal nature of his brand of jazz.

See highlights of both the performance and an interview with Lee Ritenour in Volume 6 of the website’s main contents.

Lee Ritenour (g), Masato Honda (as, fl), Otmaro Ruiz (p, key), Melvin Davis (b), Akira Jimbo (ds)

SET LIST
1. The Village
2. Waltz for Carmen
3. Wes Bound
4. Jimbomba
5. Orange
6. Just Listen
7. Water to Drink (Agua de Beber)
8. Rio Funk
ENCORE: Captain Caribe
リー・リトナー & ジャパニーズ・フレンズ (ビルボードライブ大阪に於いて:2017年3月8日)
日本ジャズ界で人気のあるギター奏者リー・リトナーは3月の2日間、ビルボードライブ大阪に出演。アメリカで録音された日本人ミュージシャンとよく共演及びプロデュースを努めたリトナーは今回も東西混合のバンドと演奏された。中心メンバーには日本を代表するスーパー・テクニシャンの神保彰が参加し、彼らは両日、スペシャルゲストを迎えた。僕が鑑賞した日のゲストはフュージョン・サック奏者 本田雅人でした。 セットは中心メンバーがまず演奏した、リトナー作曲の The Village で始まり、ウエストコースト特有のゆったりしたグルーヴは全体の雰囲気を作り出した。リトナーの堂々たるプレイは高性能エンジンのように前進するバンドのビートとよく合った。リトナーの最新アルバム「A Twist of Rit」から Waltz For Carmen を演奏してから、リトナーの現代ギター奏法とウエス・モンゴマリーの時代を超越した親指弾きを融合させた曲 Wes Boundを演奏した。それから、陰簿彰のオリジナルJimbombaを披露。 次、本田雅人が加わり、彼の代表曲 Orange を猛烈に演奏し、本田が力強いプレイを聴かせた。Just Listen を演奏した後、本田はフルートへ持ち替え、リラックスした雰囲気のボッサノヴァ曲「飲む水」を演奏し、途中人の目を釘付けにするようなテクニックの器用さを披露した神保のソロもあった。そして、全員はギアをハイにし、メルヴィン・デーヴィスのファンキーなソロも入ったこのセット最後の曲 Rio Funk へ投入した。アンコールとして、本田の強烈なソロをフィーチャーしたリトナーの代表作 Captain Caribe を演奏した。高い音楽性とリトナーの普遍的なジャズを証明する夜だった。 この演奏のハイライト並びリー・リトナーへのインタビューをこのサイトのメイン動画第6弾でご覧になれます。 リー・リトナー (g)、本田 雅人 (as, fl)、オトマーロ・ルイズ (p, key)、メルヴィン・デーヴィス (b)、神保 彰 (ds) セットリスト 1. ザ・ヴィリッジー 2. ワルツ・フォー・カルメン 3. ウェス・バウンド 4. ジンボンバ 5. オレンジ 6. 飲む水 7. ジャスト・リッスン 8. リオ・ファンク 9. カプテン・カリベ(アンコール)
What's New
Archive
▲ PAGE TOP