CHRIS’S ROOM
2016.11.24
INTERVIEW with RYOICHI KAWAI, Leader of the New Orleans Rascals (August 27, 2016)
Ryoichi Kawai is a quiet, reserved man who has done more for the traditional jazz scene in Osaka and the surrounding areas than he is willing to admit. Leader of the New Orleans Rascals, a semi-professional band that was formed fifty-five years ago, Kawai has mastered the playing style of George Lewis, a clarinetist and one of the leading musicians of the New Orleans jazz revival.

This summer, I had a chance to sit down and talk with Kawai. He told me how he got so interested in playing the clarinet and New Orleans style jazz, and how he started a student club that still exists at his alma mater Waseda University. We also talked about how hearing George Lewis perform during the three consecutive years he visited Japan had a profound impact on his decision to continue playing and form his own band, the New Orleans Rascals. He also told me how this influenced him to change over to the Albert style of fingering, since Albert system clarinets have a much more distinguished sound than their more widespread Boehm system types. One of the interview’s highlights is when Kawai showed me a clarinet he acquired that George Lewis had actually played.

Filmed at Mahogany Hall, Kawai’s own performance space he constructed in downtown Osaka and a building that looks like it belongs in the French Quarter in New Orleans, and New Suntory 5, a jazz club at which the New Orleans Rascals have continuously played once a week since it opened 46 years ago, the interview gives an in-depth look at Ryoichi Kawai, a man dedicated to his music and now recognized globally for his contributions to keeping traditional jazz alive.

The interview, which includes three different performances by the New Orleans Rascals and an interview with Yoshinori Mori, owner of New Suntory 5, is viewable in the second half of Volume 5 of this web site’s main contents.
河合良一(クラリネット奏者・ニューオリンズラスカルスのリーダー)へのインタビュー(2016年8月27日)
控え目な紳士、河合良一は大阪周辺のトラディショナルジャズ界に計りきれないほど貢献しています。55年前に結成したニューオリンズラスカルスのリーダーである彼は、ニューオリンズ・ジャズのリバイバルで活躍していたクラリネット奏者ジョージ・ルイスのスタイルを完璧にマスターしています。 この夏、河合良一とゆっくり話す機会があり、どのようにクラリネット及びニューオリンズ・ジャズを始めたか、現在も続いている早稲田大学のジャズ部活を結成した経緯について教えていただきました。また、3年連続来日していたジョージ・ルイスの演奏を聴いたことにより、自らのバンドを結成し、演奏活動を継続する決心をしたことも話してもらいました。そのため、ジョージ・ルイスも使用していた豊かな音色をもつアルバート式のクラリネットにも転向したし、手に入れたジョージ・ルイスが実際に使用していた楽器も見せていただきました。 ニューオリンズのフレンチ・クォーターの同じ建築スタイルをもつ自ら建てた演奏できる空間マホガニーホールやニューオリンズラスカルスが46年前の開店から毎週一回演奏しているニューサントリー5で撮影したインタビューでは、音楽に熱心なトラディショナルジャズの普及への貢献が世界中でも知られている河合良一の素顔と出会えることができます。 ニューオリンズラスカルス3回の演奏やニューサントリー5のオーナー森美へのインタビューを含むこのインタビューは、このサイトのメイン動画第5弾でご覧になれます。
What's New
Archive
▲ PAGE TOP