CHRIS’S ROOM
2016.11.24
VANGUARD JAZZ ORCHESTRA Clinic and Performance at Billboard Live OSAKA (November 22, 2015)
The late autumn of 2015 was highlighted by a visit by the Vanguard Jazz Orchestra, an annual happening that Osaka jazz fans look forward to very much. This time, band members not only performed two sets at Osaka’s premier jazz club, they gave two special clinics – one to adults who play in amateur big bands and another to the Osaka University New Wave Jazz Orchestra.

It was wonderful seeing how the veteran band members were so anxious to share their knowledge and technical expertise with the students, all of whom were like sponges soaking up all the vital information and advice. Bandleader John Mosca talked a little about how the band should listen to the music of other big bands to expand their awareness of big band sounds, while drummer John Riley explained how slowing the tempo of a certain song by just a little increases the tension built into the composition and provides more for the listener to enjoy. Later, each member spent one-on-one time with their student counterpart and showed them specific techniques on their instruments.

Later that day, the Vanguard Jazz Orchestra gave two performances. As always, the band displayed poise and power in five different charts. One of them featured alto sax player Dick Oatts in a wonderful display of his top class abilities. Another composition – one not often performed by the band – featured Scott Wendholt on flugelhorn. His warm, inviting tone matched well with the band’s thick, luxurious sound.

See highlights of both the clinic and performance and an interview with John Mosca and Doug Purviance in Volume 5 of the website’s main contents.
ヴァンガードジャズオーケストラによるワークショップ及び演奏 (ビルボードライブ大阪に於いて・2015年11月22日)
2015年の秋は、ヴァンガードジャズオーケストラの来阪で幕を開けた。毎年、大阪のジャズ・ファンが楽しみにする恒例のイベントとなっているが、今回はビルボードライブ大阪にて2回のステージのほかに2つのワークショップを開催された。1回目はアマチュア・ビッグバンドに参加している社会人のためで、2回目は大阪大学ニューウエーブ・ジャズオーケストラの学生のためだった。 自分の知識やテクニックを学生に一生懸命伝えようとしているバンド・メンバーの姿は素晴らしくて、学生はスポンジのように全てを吸収しようとしていた。リーダーのジョン・モスカは、視野を広げるため他のビッグバンドの演奏も聴くようにアドバイスした。また、ドラマーのジョン・ライリーは、ある楽曲のテンポを津腰だけ落とすと楽曲に含まれている緊張感が増し、聞こえてくるものもはっきりすることを説明した。その後、プロは同じパートの学生に綿密なアドバイスや吹く方を教えた。 その夜の演奏では、各セットで5曲を演奏し、迫力と落ち着いた姿勢を見せた。演奏した一曲では、ディック・オーツのアルトサックスがソリストとしてフィーチャーされ、彼が卓越したテクニックを披露した。もう一曲では、スコット・ウェンドホルトがフルゲルホーンを吹き、彼の暖かくて誘惑させる音色はバンドの厚みのある豪華なサウンドとよく合った。 この演奏のハイライトとワークショップの模様、並びジョン・モスカとダグ・パヴァイアンスへのインタビューをこのサイトのメイン動画第5弾でご覧になれます。
What's New
Archive
▲ PAGE TOP