CHRIS’S ROOM
2016.03.27
TROPICAL JAZZ BIG BAND 20th Anniversary Concert at Sankei Hall Breeze (Sept 11, 2015)
The only professional big band in Japan dedicated to playing Latin music, the Tropical Jazz Big Band celebrated its 20th anniversary in 2015. In addition to releasing an album compiling movie music it had previously recorded, the band embarked on a domestic tour to make this milestone.

The concert held in one of Osaka’s finest music halls showcased the powerful and dynamic playing the band has developed over the years. Containing Japan’s finest jazz and Latin musicians, the 18-piece band played a selection of both well-known and not often performed compositions from its vast repertoire. Each tune featured the band’s superb musicianship in both ensemble and solo performances. It also played compositions written by band members especially for band, another one of the fine traits that makes the Tropical Jazz Big Band an essential contributor to Japan’s jazz scene.

See highlights from this concert and an interview with leader Carlos Kanno in Volume 4 of this website’s main contents.


Set List
1. Theme from “Mission Impossible”
2. Obatala
3. Rendez-vous
4. I’ve Got the World on a String
5. Theme from “Lupin the Third”
6. Kangaroo ‘98
(Intermission)
7. Hip to Be Square
8. Alba Blanca
9. Eddie Pal Monte
10. Liberty City
11. Almost There
12. 今夜は Don’t Stop
13. Getaway / Let’s Groove (encore)
熱帯JAZZ楽団 結成20周年記念コンサート@サンケイホールブリーゼ (2105年9月11日)
ラテン・ジャズを専門とする日本唯一のビッグバンド「熱帯JAZZ楽団」は、2015年に20周年を迎えた。以前、収録した映画音楽で構成されたベスト・アルバムをリリースすると共に、この節目を全国ツアーで記録した。 大阪を代表するコンサートホールで開催されたこのコンサートでは、熱帯JAZZ楽団の長年蓄積してきた精力的なパワーが全開だった。日本を代表するラテン・ジャズ奏者で構成された18編成のビッグバンドは、幅広いレパートリーからよく演奏される人気曲とライブであまり演奏されない曲をセレクトして披露した。日本のジャズ・シーンに欠かせないバンドを象徴するようにメンバーがバンドのために作曲した数多くのオリジナル曲から数曲も演奏し、ラテン・ジャズのファンを喜ばした。 このコンサートの一部と熱帯JAZZ楽団を率いるカルロス菅野へのインタビューはこのサイトのメイン動画第4弾でご覧になれます。
What's New
Archive
▲ PAGE TOP