CHRIS’S ROOM
2016.03.27
FM COCOLO “WORLD JAZZ WAREHOUSE” Open Recording Concert, Vol. 2 featuring the MIKI HIROSE JAZZ ORCHESTRA (July 20, 2015)
Major jazz happenings in Osaka during the summer and early fall of 2015 got underway with a concert recorded for airing at a later date on World Jazz Warehouse, a popular radio program on FM COCOLO. The main performer was a ten-piece band headed by trumpeter Miki Hirose. Composed of Osaka’s finest young musicians, the Miki Hirose Jazz Orchestra performed a varied program of Hirose’s original compositions and his unique interpretations of jazz standards and Japanese pop tunes.

During the first half, the orchestra gave new twists to often heard standards and Japanese pop tunes from yesteryear with poise and fine musicianship. After the intermission, it deftly performed compositions Miki Hirose wrote during his ten-year residence in New York. They were interspersed with three standard tunes sung by Junko Koyanagi.

Selections from the concert, the second such event sponsored by FM COCOLO and Osaka Kyoritsu at the Neyagawa ArKus Hall, were aired on World Jazz Warehouse over two weeks in early September. A quartet of students attending nearby Setsunan University opened the concert, which was attended by a full house of 330 listeners and jazz fans chosen by lottery.

See highlights of this concert and an interview with Miki Hirose in Volume 4 of this web site’s main contents.



Set List
1. I Can’t Give You Anything But Love
2. I Will Wait For You
3. How High The Moon
4. Sweet Memories
5. いい日旅立ち
6. What a Wonderful World
(Intermission)
7. Brand New Day
8. La Puerta
9. 61-17
10. Emily
11. Moonlight Serenade
12. Fly Me to the Moon
13. Our Love is Here to Stay
14. Sweet Lorraine
15. Mattias
16. Sir Duke (encore)
第2回FM COCOLO「ワールド・ジャズ・ウエアハウス」公開録音コンサート feat. 広瀬未来 ジャズ・オーケストラ
2015年夏から秋にかけての主なジャズ・イベントは、僕が担当する FM COCOLO のジャズ番組「ワールド・ジャズ・ウエアハウス」の公開録音コンサートで始まった。今回のメイン出演者はトランペット奏者 広瀬 未来率いる10人編成の Miki Hirose Jazz Orchestra だった。大阪で活躍している若手ミュージシャンで構成されているこのビッグバンドは広瀬のオリジナル曲と彼が自らの感性で編曲をかけたスタンダード曲と人気歌謡曲を演奏した。 第一部は、新たな感性でアレンジされたよく演奏されるスタンダードとちょっと懐かしい歌謡曲を着実かつ巧みに演奏した。第二部では、10年の間、ニューヨークに住みながら広瀬が作曲したオリジナル曲を器用に演奏した。また、ゲスト・ヴォーカル小柳 淳子は3曲ずつを披露した。 大阪共立とFM COCOLO 主催のコンサートの一部は、9月上旬の2週間にわたって、ワールド・ジャズ・ウエアハウスで放送された。抽選で選ばれた番組リスナー及びジャズ・ファン330名という満席状態で行われたコンサートのオープニングを飾ったのは、会場であった寝屋川市アルカスホールの近くにある摂南大学ジャズ部からの学生カルテット。 この演奏のハイライトと広瀬未来さんへのインタビューをこのサイトのメイン動画第4弾でご覧になれます。
What's New
Archive
▲ PAGE TOP