CHRIS’S ROOM
2015.10.25
MARCUS MILLER JAPAN TOUR 2015 at Sankei Hall Breeze
Bassist Marcus Miller, a UNESCO Artist for Peace and one of the headlining musicians at International Jazz Day in Osaka 2014, brought his working band to Osaka in February on the first leg of a world tour promoting his latest album AFRODEEZIA. The album is itself a product of Miller’s activities for UNESCO to make more people aware of slavery related issues.

A musical journey to countries in white traders captured African men and women and the routes they traveled before arriving in their displaced, new homes, AFORDEEZIA incorporates rhythms and musical instruments from West African, Caribbean and South American countries along with appearances by musicians based in New Orleans – the birthplace of jazz.

Miller and his core band composed of young, upcoming musicians trumpeter Lee Hogans, saxophonist Alex Han, pianist Brett Williams, guitarist Adam Agati and drummer Louis Cato performed compositions from the just released album followed by a few of his signature tunes. The band flaunted the chemistry between each member as well as their own prowess when they took turns soloing.

See a portion of this performance and an interview with Marcus Miller in Volume 3 of this web site’s main contents.


Set List
1. Run For Cover
2. Hylift
3. B’s River
4. Papa Was a Rolling Stone
5. Detroit
6. Goree
7. Come Together
8. We Were There
マーカス・ミラー Afrodeezia ワールドツアー大阪公演
ユネスコの「アーティスト・フォー・ピース」を努め、インターナショナル・ジャズ・ディ大阪のメイン出演者でもあったベース奏者マーカス・ミラーは最新アルバム「Afrodeezia」を引き下げ、ワールド・ツアーの一貫として今年2月に来日した。
アルバム実体の内容は、奴隷問題の理解を広めるユネスコの活動から生まれた。奴隷売買を行っていた商人たちがアフリカから新世界へ漂ったルートの音楽旅となっているアルバムは西アフリカ、カリブ海や南アメリカのリズムや楽器を導入し、ジャズ発祥の地であるニューオリンズ出身などのアーティストがゲスト参加した。
ミラーと若手ミュージシャンのトランペット奏者リー・ホーガンズ、サックスのアレックス・ハン、ピアノ奏者のブレット・ウイリアムズ、ギターのアダム・アガティとドラムスのルイス・カトーを中心としたバンドは、アルバムからの曲とミラーの代表的な曲を演奏した。メンバー間の相性を見せびらかしながら、アドリブでは一人一人の優れた才能を披露した。
この演奏の一部とマーカス・ミラーさんへのインタビューをこのサイトのメイン動画第3弾でご覧になれます。
What's New
Archive
▲ PAGE TOP