CHRIS’S ROOM
2015.10.25
MAKOTO OZONE featuring NO NAME HORSES, Live at Billboard OSAKA
Makoto Ozone, one of Japan’s most prominently known jazz musicians in the 21st century, has been active internationally not the only in the jazz realm. Recently, he has been recognized for his work with classical orchestras, too. In March, he brought his big band No Name Horses to Osaka for a two-night stand at Billboard Live OSAKA, the City’s premiere jazz club.

Composed of Japanese musicians who all lead their own bands in both Japan and other countries, No Name Horses was celebrating its tenth year of existence. In 2014, after releasing ROAD, an epic album consisting of only two compositions – a suite for big band composed by Makoto Ozone and a rendition of Gershwin’s Rhapsody in Blue including Ozone’s own improvised cadenzas and harmonic interpretations – the band performed the works at concert halls throughout Japan.

In 2015, No Name Horses returned to Billboard Live OSAKA for an evening of music from its varied repertory not including the compositions on ROAD. Different band members were featured in a fine selection of compositions that exhibited not only each soloist’s ability, but the band as a cooperative whole, too. The band roared through original Ozone compositions and two standards numbers from the Basie and Ellington band books, providing more than enough evidence of it being among Japan’s top big bands.

See highlights of this performance and an interview with Makoto Ozone in Volume 3 of this web site’s main contents.

Set List
1. Ya Gotta… Try Harder
2. Cave
3. OK, Just One Last Chance!
4. Into the Sky
5. small combo selection
6. Carney
7. Three Wishes
8. Sassy
小曽根真 feat. No Name Horses のビルボードライブ大阪公演
今世紀、日本の最も知れているジャズマンである小曽根真は、ジャズ以外の活動を世界的に繰り広げている。国内外の管弦楽団との共演も最近、注目されている。今年3月に自ら率いるビッグバンド No Name Horses (NNH)とビルボードライブ大阪に2日間出演された。
国内外でリーダーを務めるミュージシャンで構成された NNH は、結成してから今年で10周年。小曽根さんが NNH のために書き下ろした組曲と本人の解釈を含むガーシュイン作曲のラプソディ・イン・ブルーという2曲だけ構成された壮大なアルバム「Road」を2014年にリリースしてからホールツアーを行った。
そして、2015年では大阪主要のジャズ・クラブ「ビルボードライブ大阪」に戻ってきて、Road 以外の豊富なレパートリーからの楽曲を披露した。それぞれの曲には違ったメンバーがフィーチャーされ、ソリストの才能だけではなく、バンド全体のアンサンブルプレイも披露した。べーシーとエリントンのスタンダード曲や小曽根のオリジナル曲を含む力強い演奏は、NNH が日本を代表するビッグバンドであることを十分に証明した。
この演奏のハイライトと小曽根真さんへのインタビューをこのサイトのメイン動画第3弾でご覧になれます。
What's New
Archive
▲ PAGE TOP