CHRIS’S ROOM
2015.01.27
MINAMI JAZZ WALK 2014: THE DIVERSITY OF JAZZ IN OSAKA
On a rainy afternoon and evening in mid-November, Minami Jazz Walk 2014 took place at some eight venues in the Minami section of Osaka. The fifteenth time for this one-day festival presented audiences with a large variety of jazz ranging from Dixieland bands and Manouche swing a la Django Reinhardt to contemporary jazz performed in various band sizes from trios to big bands.

Of special note were two bands led by young, local musicians. The Yusuke Imanishi Sextet played a set of both original compositions and standards arranged by the young trombone player. The Brilliant Jazz Machine gave a mainly acoustic set of groove-infused jazz that showcased the drumming talent and rhythmic sensibilities of leader Genki Hashimoto.

The sounds of Dixieland style jazz resonated the Shimanouchi Church venue. Bands playing New Orleans revival and Chicago jazz showed their diverse knowledge of and respect for these early jazz styles. The South Side Jazz Band, Osaka’s sole band focusing on jazz from late 1920s and early 1930s in Chicago, gave a rare performance reminiscent of jazz legends such as King Oliver, Kid Ory and Louis Armstrong.
大阪の多様なジャズを紹介するミナミ・ジャズ・ウオーク2014
雨降りの11月中旬の日曜日、大阪ミナミの8会場にてミナミ・ジャズ・ウオーク2014が開催された。一日だけで行われるフェスティバルは15回目を迎え、ディキシーランドからジャンゴ・ラインハートが確立したマヌッシュ・スイングからトリオやビッグバンドという編成が演奏したモダン・ジャズまでとジャズ・スタイルを豊富に紹介した。

特に良かったのは、大阪を拠点に活躍している若手の2人が率いるバンド。今西佑介セクステットは若いトロンボーン奏者のオリジナル曲とスタンダードを演奏した。ブリリアント・ジャズ・マシーンはリーダーであるドラマー橋本玄輝の才能とリズム感覚をフィーチャーしたグルーヴィーなアコースティックのステージを聞かせた。

もう一つの会場、島之内教会では、ディキシーランド・ジャズが響いた。ニューオリンズ・リバイバルやシカゴ・ジャズという初期のスタイルに敬意を表する各バンドは素晴らしい演奏を聴かせた。1920年代から30年代にかけてシカゴで流行ったジャズを中心に演奏するサウス・サイド・ジャズ・バンドはキング・オリバー、キッド・オーリやルイス・アームストロングを連想させる貴重なセットを披露した。
What's New
Archive
▲ PAGE TOP